×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バストアップしたい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
>
遺伝以外のバストが小さい原因
バストは女性の象徴と言われていますが、
そのためにバストが小さいことがコンプレックス
となってしまう女性はとても多いのです。

バストが小さいことの主な原因に遺伝
挙げられますが、他にも女性ホルモン
日常生活の影響が少なからずあると
考えられています。まずは女性ホルモンの
仕組みと日常生活で出来るケアを知り、
バストの悩みを少しでも改善していきましょう。

(1)女性ホルモンとは
女性ホルモンは女性特有の身体を成長
させるものであり、主に妊娠や出産に関わる
働きをしています。ですがそれだけではなく、
肌や髪などのハリや潤い、精神など女性の
身体全体を整える大切な役割も担って
いるのです。

女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)
プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類に
大きく分けられ、女性らしい身体を作る
ホルモンに関してはエストロゲンが影響を
与えていると考えられています。

またエストロゲンとプロゲステロンは、
脳から指令を受けて交互にバランスを
取りながら分泌を行います。
このバランスが崩れると、心身の不安定を
引き起こしてしまうこともあるのです。

(2)女性ホルモンとバストの関係
女性ホルモンとバストの分かりやすい例では、
妊娠期のバストアップがあります。
これは妊娠期の一時的な変化で、
母乳を作るために女性ホルモンが通常の
数十倍増え、バストが大きくなります。


遺伝以外でバストが小さい原因って?
バストが小さい原因は乳腺の小ささや、
脂肪が少ないことなどの先天的な理由が
主ではありますが、
先にも述べたホルモンバランスが不安定に
なってしまうことにも要因はあるのです。

では、女性ホルモンバランスが崩れる
原因にはどんなものがあるのでしょうか。

女性ホルモンバランスの低下原因
(1)日常生活の影響

脳から伝達を受けて分泌する女性ホルモンは、
とてもデリケートです。当然ながら、
日常生活の影響を大きく受けるため、
規則正しい生活を送ることが大切です。

食生活の乱れや睡眠不足、
過度なダイエットや身体への負担は分泌量の
低下に繋がります。
栄養バランスが整った食事と質の良い睡眠を
とることは、女性ホルモンのバランスを整える
基本と言えます。
日々の生活をバストアップの第一歩として
見直してみましょう。

女性ホルモンバランスの低下原因
(2)冷え
女性ホルモンは血液の流れに乗って
全身を巡ります。
そのため、冷えによる血行不良は血液の
循環を低下させ、ホルモンの停滞を招きます。
特に脳から指令を受けて女性ホルモンを
作り出す卵巣を冷やしてしまうことは、
バストに影響を及ぼすだけではなく
身体全体への悪影響となってしまうのです。

冷たい物の飲食を控え目にして適度な運動や
入浴をするなど、身体を冷やす原因を
出来る限り減らし、身
体を温める生活を送りましょう。

女性ホルモンバランスの低下原因
(3)ストレス

現代人はとても多くのストレスを感じていると
言いますが、このストレスによっても簡単に
女性ホルモンのバランスは崩れてしまいます。
これはストレスを受けると自律神経が
乱れることにあります。

また、自律神経と女性ホルモンはとても密接な
繋がりを持っています。これは女性ホルモンと
自律神経がどちらも同じ脳によってコントロール
されているため、どちらか一方のバランスが乱れると、
もう一方の影響を与えてしまいます。

また、バストは年齢を重ねていくにつれて
下垂してしまいます。それを軽減するためには、
バストにフィットした下着を身につけることがとても
大切です。トレンドやなんとなくのサイズで
選ぶのではなく、定期的にお店でバストサイズを
測り、自分の形に合わせて選ぶことが重要です。

垂れたバストを治す・戻す方法


あまり聞きたくないことかもしれませんが、
一度垂れてしまったバストを、自力で元に戻すのは
難しいです。
しかし下垂を食い止め、ハリを取り戻すには
いくつかの方法があります。
ここでは、バストをケアして下垂を食い止める
方法をいくつか紹介します。

生活習慣を見直す
エクササイズも大切ですが、身体を作る日頃の
生活習慣もとても大切です。
バストアップだけに限らず、女性にとって身体の
冷えはあまりよくありません。全身の血行が悪いと
バストの血流も悪くなり、下垂に繋がります。
半身浴をする、冷たい食べ物の摂取を控える
などして身体を温めましょう。

さらに日頃の姿勢もとても大切です。
猫背はバストの下垂の原因となるので、
肩と背中を丸めず顎を引き、背筋を伸ばして
良い姿勢を保つようにしましょう。

また胸腺発達を司る女性ホルモンの分泌を促す
食品をとることも、バストの下垂予防に効果的です。
女性ホルモンによく似た作用を促す大豆食品や卵、
ナッツ類なども女性ホルモン分泌促進に有効です
しかし、食物だけでは必要な栄養素は
不足がちですそういう時には、
サプリメントで補う様にしましょう。




出典
http://www.skincare-univ.com/article/003977/


リンク集

まとめ

Twitterまとめ